ー開通した品川から横浜間に大森駅はない、開業は4年後の明治9年であったー


「東京蒸気車鉄道一覧之図」猛齋(歌川芳虎)版元・沢村屋清吉 明治4年(1871)
国立国会図書館デジタル化資料蔵  画中に駅は描かれていない

明治5年(1872)の開業時には大森駅はなかったー東京蒸気鉄道
 
  図の右側が出発の新橋駅である。鉄道は、市民には怖いもので体に悪いと考えられ、敷設に反対運動がおきた、また薩摩藩も反対であり西郷隆盛も鉄道嫌いであった。そのため、その辺りの海中に護岸を造成して線路を敷き走っていた。江戸時代の台場も利用された。新橋(今の汐留)あたりから海の上を走り、品川駅に着く、次が鮫洲・鈴の森・大森である。ちょうど真ん中の絵である。単線であった東海道線路は六郷橋を渡り川崎駅ですれ違った。次に横浜に至る。鉄道開通から、乗客は裕福な日本人か外国人であった。彼らは大森の台地に別荘を造った、品川に近く風光明媚であったからである。その一人、ウイリアム・モースは車中から貝殻が堆積する地層を発見した、大森貝塚である。しかし、残念なことに貝塚の正確な位置は不明である。2016年の様子では品川側の公園近くであるらしい。

 
鉄道の開通から6年ほどたち、機関車も二号車に替わっている。左画の機関車は『2号機関車(5000形)1872年英国シャープ・スチュアート製』(日本の蒸気機関車発達史)である。小林清親特有の夕景である。他の浮世絵師が玩具のような鉄道画(錦絵)に比べ正確な描写である。したの写真は交通博物館の一号車。

『高輪半町朧月景』画・小林清親 
明治12年(1879)出版人・福田
大森駅の始まりは明治9年(1876)

明治5年(1872)10月14日、日本最初の鉄道は新橋と横浜の間に開通しました、全長29.0キロメートル、一日9往復の運行である。 駅は新橋(現汐留)ー品川ー川崎ー鶴見ー神奈川ー横浜の6駅です。大森駅はありません。その理由を『東京市大森区役所』(昭和14年2月発刊)に見つけました。

『当地の如きは当時猶純然たる農村で、停車場開設の如き殆ど問題に上がらなかったが、当地には測量着手の始めより相当の地位にある傭英国人奇遇し、鉄道従事外人の出入りも頻繁なるのみならず、これらの為今の停車場南寄りの位置に、その休息所を建設して置いた等の関係で、開通以来数年間は鉄道従業員往復乗車降の便宜上臨時該休息所付近に列車を停めつつあったが、明治9年6月12日先づ前記外人休息所を假用して、即ち新井宿に停車場を置かれることになり、之を大森駅と命名し、始めて一般の運輸取り扱いを為すに至った。』(『東京市大森区役所』昭和14年2月刊)

大森駅の新設は、鉄道工事に従事する外国人(お雇い外国人)の為であったのです。鉄道工事に従事した外国人(イギリス人)は以下のとおりです。
ーお雇い外国人ー  (『鉄道史』川上幸義著 鉄道省 1921年刊)
年代 高級者 中・下級者 合計
明治03年 5人 14人 19人
明治06年 22人 79人 101人
明治09年 19人 84人 103人
明治12年 7人 36人 43人
明治15年 6人 15人 21人
明治18年 5人 10人 15人
明治21年 5人 9人 14人


(写真の「絵はがき」は大森駅開業記念に配布されたものー大田区所蔵

日本の鉄道はお雇い外国人エドモンド・モレル(1841〜1871)の教えから始まった。

 
  明治政府はイギリスの資金援助と技術を得て鉄道建設を行うことを決定した。(ポンド借款)明治3年(1870)3月に鉄道技師エドモンド・モレルと鉄道技師18名(別の説では26名)が来日した。彼には建築技師長として新橋横浜間及び大坂神戸間の事業を行うことを依頼した。

  彼は日本の将来を見据えて、民部兼大藏少輔の伊藤博文に「工部省」の設置や「工部大學校」の設立を提言して後に設立された。この時、鉄道局の人的構成は日本人256名、外国人150名であり、外国人の報酬は30パーセント程を占めたという、そのため日本人が鉄道技術を学ぶことが急務であった。
 
  エドモンド・モレルらは横浜の外人居留地に住んだ。エドモンド・モレルは鉄道の完成を見ること無く、明治4年9月に病没、あとを副長イングランドが引き継いだ。また、明治4年には井上勝が日本人の鉄道頭になり、徐々に鉄道事業は日本人へ移行した。
 
 開業当時、六郷川に架かる橋は木橋梁であったが、開通一年で橋を通過する時の振動がひどく、乗客の不安も大きいため、鉄橋に架け替えることにした。しかし、日本には技術がなくイギリスでポニー型ワーレントラスト桁を制作し、日本で組み立てることにした。

そのため、イギリスより大量の技術者が来日した。 リチャード・フィッカード・ボイル(Richard Vicard BOYLE) 設計、及び、テオドール・シャン(Theodore SHANN)。彼らは、宿泊地から六郷川工事現場に通ったが、あまりにも遠く、時間がかかるため、 明治9年(1876)、イギリス人の鉄道技術者の要望から大森駅を新設した。彼ら鉄道技術者が大森に移り住み工事現場に通ったと思われる。明治10年(1877)11月、イギリス技術者により完成したポニー型ワーレントラスの六郷鉄橋となる。六郷鉄橋詳細

六郷鉄橋の技術
 

  新たな鉄橋の設計者は鉄道省の雇用建築師シャーヴィントンと雇用建築助役のシャンで、製作は英国リバプールで行われた。全長は5 0 0 メートル、流水部は径間100フィートの錬鉄製のポニー・ワーレントラス(筋交の傾斜方向が交互に変わるタイプで、トラスが上面まで覆っていないもの) 6 連(182メートル)、河原部分は洪水の時に線路が埋まらないように水を逃がす避溢橋となっており、24連で石積みの橋脚と、川中の橋脚はコンクリートか鋳鉄製円筒を基礎とした煉瓦積みの橋脚が作られた。鉄橋に改架された時、同時に複線化が図られた。明治10年(1877)11月に完成したこの鉄橋は、明治45年(1912)まで35年間使用された。大正4年(1915)撤去され、単線用に改造され御殿場線の第二酒匂川橋梁に再使用された。この酒匂川鉄橋古写真を六郷橋鉄橋と間違える場合がある、
 
  この資料は『東京市大森区役所』(昭和14年2月発行)と詳しい鉄道資料にしか記述がない。高台から東京湾が一望できる風光明媚な地である大森は、以後「お雇い外国人」の間で評判になり、ここに避暑地を持つことがすすんだと言われる。大森山王にはテニスコートも造られ、後に民間の射撃場になった。
トップ目次に戻る