『矢口の渡考』「かまにし17」編集委員会 都築保二氏

『矢口の渡考
   歴史に彩りを添える浄瑠璃『神霊矢口の渡』
第一章 文化財「矢口の渡し」
第二章 地名「矢口」の由来と地域の変遷
第三章 新田義興伝説と新田神社
第四章 浄瑠璃『神霊矢口の渡』
第五章 多摩川流域の変動と大田区の渡し場
第六章 目黒蒲田電気鉄道の開通と戦前の
             「矢口の渡」周辺
第七章 第二京浜国道と多摩川大橋
第八章 太平洋戦争と空襲被害
(注)章目次のみ記載

 ●この本はA4サイズ簡易製本で非売品である。問い合わせは大田区内ホームページ「かまにし17」

 ●神霊矢口渡のページに


トップ目次に戻る