狂歌解説 喜多川歌麿の狂歌本 『潮干のつと』 『画本虫撰(むしえらみ)』

 喜多川歌麿の狂歌絵本 『百千鳥狂歌合』、歌麿の鳥は歌麿美人と
同じく素晴らしい


絵師・喜多川歌麿の出現……(略史)
 
  『幼い頃から、町狩野であり江戸座の俳諧師でもあった鳥山石燕(1712〜1788)について学んだらしい。安永4年(1775)に北川豊章という名で浮世絵画壇にデビューする』(『小学館ギャラリー 新編名宝日本の美術 第28巻 歌麿』狩野博幸著 小学館 1991年刊)この頃は、北尾重正、鳥居清永らの形を学んだ、

  歌麿が自己のスタイルを確立し始めたのは、気鋭の版元・蔦谷重三郎との出会いからである。その始まりは狂歌絵本の制作である。歌麿美人ではなく狂歌絵本から歌麿が成長した事は驚きである。天明8年(1788)に『画本虫撰(むしえらみ)』、同じ頃に『潮干のつと』を出す、寛政初年頃(1789)に『狂歌絵本百千鳥狂歌合』をいずれも蔦重からの版行である。これらは歌麿本にはあまり取り上げられることはなく、まして全編の紹介はほとんどない。狂歌絵本三部作を見ると歌麿の画面構成力、画力の確かさを見ることが出来る。(参考・同書)

我々は喜多川歌麿というと、ほっそりとした吉原遊女やほのかな色気の茶屋美女を思い出すが、どうしてどうして自然の鳥・貝・虫の描写も巧みである。これらは狂歌絵本である、しかし、喜多川歌麿紹介の図録や解説本でも、狂歌絵本の全貌をあまり取り上げられる事はない。
 
  狂歌というなじみのない歌は、江戸時代の詠われた背景を理解しないと面白みが分からない。また、歌麿の狂歌絵本との関わりは、蔦谷重三郎(蔦重)との出会いからである、蔦重は天明2年(1782)から3年(1783)にかけて狂歌師・四方赤良(よものあから)(大田南畝、蜀山人)、朱楽管江(あけらかんこう)(山崎景貫)と語らい狂歌の普及を図ったようである。蔦重は常盤橋筋北江八丁目通油町南側の丸屋小兵衛の店を買収して、本格的に狂歌本、絵本、洒落本、黄表紙、滑稽本などの出版を始めた。歌麿は蔦重との関係から狂歌絵本に関わったと思われるが、描かれた鳥の絵は素晴らしものであった。(参考・『浮世絵八華3 歌麿』平凡社 1984年刊)(注)狂歌は拡大画面で見ることが出来ます。

『絵入狂歌本は古く延宝・天和(1673〜1684)頃からあるが、天明に入り、江戸狂歌が武家・町人を問わず広く流行するに従って、豪華な錦絵摺の入った狂歌本の出現を見たのである。絵も専門の浮世絵師が担当するにおよび、狂歌師と版元(蔦谷重三郎が独占)の共同の所産である彩色摺絵本狂歌本が多数刊行されるにいたった』(『原色浮世絵大百科事典 第7巻 作品二 清長ー歌麿』大修館書店 昭和55年刊)

歌麿が描いた狂歌絵本は、おそらく23点に及ぶが、その内の18点が蔦重の版行である。天明8年(1788)から寛政2年(1790)は、歌麿が もっとも絵入狂歌本に熱中したときであり、そんため錦絵はあまり描いていないようだ。歌麿単独の挿画は七点と言われる。(参考・『浮世絵八華3 歌麿』平凡社 1984年刊)(2014.09.29制作)


大英博物館の日本美術部長・ローレンス・スミス氏(昭和62年当時)が次のような事を述べている。

 
 『木版印刷による浮世絵の最良の作品が二点収蔵されていた。その一点は、歌麿の名を一躍世に知らしめたといわれる絵本、『画本虫撰』(1788=天明八年)である。この版本には、探検家であり植物学者であったサー・ジョセフ・バンクス(1743〜1820) の蔵書印が捺されており、彼の死後、蔵書係によって博物館に遺贈された蔵書中の一冊である。特に興味深いのは、この本が、彼の存命中、すなわち1820年以前という早い時期にイギリスに渡ってきたのは、明らかに植物学的な関心に支えられてのことであろうと思われる点にある。』中略『ヒーリア・コレクションから入った『画本虫撰』は、刊行当時そのまま、上下二冊とも日本流の表紙を残しており状態も良い。』、植物学者が見ても素晴らしい植物画であったようだ。また、大英博物館には『潮干のつと』も収蔵されている。(参考・『秘蔵浮世絵大観 一 大英博物館 1 』楢崎宗重編著者 講談社 昭和62年刊)2014.10.10更新



鴨と翡翠 拡大表示 
ボストン美術館−1
(雀)鳥名なしと鳩 拡大表示 
ボストン美術館−2

鵜と鷺 拡大表示 
ボストン美術館−3

かし鳥と鴟鶉 拡大表示 

ボストン美術館−4 部分拡大
鷹と百舌 拡大表示 
ボストン美術館ー5


山雀と鶯 拡大表示 
ボストン美術館−6

鷦鷯と鴨 拡大表示 
ボストン美術館−7 

燕と雉子 拡大表示 
ボストン美術館−8




まめまいしときつつき 
拡大表示 ボストン美術館−9

木兎と鶯 拡大表示 
ボストン美術館−10

鶉と雲雀 拡大表示 
ボストン美術館−11

四十雀とこまどり 拡大表示 
ボストン美術館−12

鶏と頬白 拡大表示 
ボストン美術館−13
ゑながとめじろ 拡大表示 
ボストン美術館−14

山鳥と鶺鴒 拡大表示 
ボストン美術ー15
 
歌麿の代表三部作は、『画本虫撰(むしえらみ)』天明八年(1788)彩色摺絵入 2帖、『潮干のつと』寛政元年頃 彩色摺 大本一帖、『百千鳥狂歌合』寛政初年頃 彩色摺 大本二帖である。(美濃判彩色摺で、五図から十数図の折帖の体裁)、(注)国立国会図書館では絵本狂歌本として貴重書として指定されたようである
。残念ながら、国内の本では紹介出来ないのでボストン美術館所蔵に頼った。
 ●喜多川歌麿狂歌絵本『画本虫撰』を見る。
 
 ●喜多川歌麿狂歌絵本『潮干のつと』を見る


歌麿の詳しい浅野秀剛氏の本
『浮世絵ギャラリー 6 歌麿の風流』浅野秀剛著  小学館 2006年刊 拡大画面が見られます。

トップ目次に戻る   図譜目次に戻る ボストン美術館へアクセス