ー山雀 紀定丸 君ハ床をもむけのくるみわればかり ちからおとしの恋の山がら

ー鶯 則有遊 のきちかくほゞうとつくる一声ハ 我恋中をミたかうぐひす
戻る