四十雀 宝野敦丸 四十からと君に見えてやいたゞきの 色にはちよとつらき御返事

ーこまどり 麓近道 こまどりの名のミこまなる思いかな 恋の重荷をやるせなき身


戻る