ー鴨 豊年雪丸 つけ文のつかいものにハ地をはしる 恋のやつこもかものとりもち 

ー翡翠 三陀羅法師 君とわがのちのよかけて蓮の葉に いひかハせみのはねをならべん 

喜多川歌麿の鳥の絵の特徴として、二羽の鳥の描き方にあると思う。また空間処理も巧みで
狂歌二首を入れ込んでいる。
戻る