《西二稲荷神社由緒》

 此の地の稲荷神社は鎌倉時代武蔵ノ国荏原郡馬込村の南西に塚越、中丸の二つの字名の地があり、各々正一位稲荷大明神を祭る祠があった。以来両社は其の地の字に住む農民によってまもられて居た。
昭和の初め塚越の総代は河原源一、河原半七郎、久保井銀次郎の三氏、中丸の総代は河原定太郎、河原久太郎、河原久輝、河原栄蔵の四氏であった。しかるに昭和8年10月1日市政がしかれるに当たって両字は合併して馬込町西二丁目なり、昭和21年11月3日、西二丁目10番地の塚越稲荷神社、西二丁目58番地の中丸稲荷神社は合祀されて西二稲荷神社と改称された。

昭和38年8月より、社地が東京都交通局の地下鉄用地として要請され、昭和39年2月の初午祭の際、河原清吉、高橋正夫両氏の発議により現在地に移る事を満場一致で決議された。同39年10月5日地鎮祭を執行、同月26日上棟式を執行、同12月20日施工祭を執行す。

御祭神は宇迦之魂神で、現在の御神体は元塚越稲荷講の昭和10年2月、初午祭宿高瀬庄蔵氏宅に於いて此の地に居住していた佐藤清蔵後の玄々先生より御神体像御寄進の内意を受け、講中一同して彫刻をお願いした。しかるに時勢の移りに大きな変化をきたし、第二次世界大戦のため、戦禍を蒙りて京都に移り住んでいた玄々先生より御神体像の製作完成の報を受け、昭和37年10月7日、西二稲荷神社奉賛会は代表河原清吉、森一郎、芹澤辰雄の三氏を京都妙心寺大心院に派遣し、玄々先生より寄進された御神体の像を受領し、翌10月8日夜西二稲荷神社社務所にお迎えし、10月17日夜御魂遷の祭を執行されたものである。(原文のまま)当社由緒の碑から

戻る