中原街道の庚申供養塔兼道しるべ


中原街道の庚申供養塔兼道しるべ
 
正面は庚申塚の刻印、写真の上は庚申供養塔の左側、右側に「従是九品佛道」と刻印されている。写真左は右側と裏(背)側の写真、延宝6年(1678)に森道圓が建てたが、破損のため文化11年(1814)に講中の人達が再建した。庚申塔の正面台座には、品川の文字が刻まれている。草に隠れて見づらいが、現地では見ることが出来る。洗足池から中原街道の坂を上がると見ることが出来る。(参考「史誌 12号」大田区発行 昭和52年)
住所・南千束2-29-2  大田区目次に戻る