源頼朝が旗挙げしたと言われる社伝を持つ、千束八幡神社
社殿写真
八幡(千束八幡)神社
 貞観2年(860)に宇佐八幡の分霊を観請奉斎して、この地の鎮守とした。源氏の氏神として崇敬を集め、源頼朝の旗挙げ八幡とも言われている。
飾り写真
屋根の飾り
狛犬写真左 左から、吽像、阿像である。下の写真は阿像を背後から見たところ、左右に分かれる尻尾がおもしろい。

寄進は天保8年(1837)9月製作は○○長五郎とある。
狛犬写真右
創建は古いが社殿は昭和17年の建築である。宮大工は吉野直吉氏である。狛犬は獅子をイメージしたのだろうか、何となく獅子舞の獅子に似ている。特におでこの部分がヘアーバンドをしたような感じでおもしろい。
前のページに 次のページに 目次扉に戻る