三本松塚と周りに点在する縄文・弥生から戦国時代頃までの遺跡


北馬込の尾根中央に立つ「三本松」……天祖神社は御伊勢森の神社と言われた。
  臼田坂からのバス通りが、環七を越える陸橋付近が「三本松」と言われる、標高は23メートルで高く目立つ所であり、大田区内の武蔵野台地でも古い地層の台地である。この台地に立っていた「三本松」は古来より往来の道しるべとして使われたようだ。池上道から夫婦坂を登り、荏原・中延に向かうときも、夫婦坂の頂上付近で三本松を見ることが出来た。
  天祖神社社殿の裏側には、古い塚状の盛り土がある。古墳ではないかと思われ「三本松古墳」として登録されていた。平成4年(1992)の調査では、東西11メートル、南北8メートルである。古墳と思われたが地中調査でも発見物はなく、宗教的な塚ではないかと推定された。歴史の経過から「梶原氏」との関係を推定する学者もいる。

 南側の台地には、旧石器時代から中世戦国時代までの遺跡が点在する。旧石器時代では良く知られた「馬込貝塚」、「綱島園内遺跡」。縄文時代・弥生時代では、東側の大森方向に「長遠寺貝塚」がある。この地は中世には「馬込城」といわれた地形を利用したかなりの規模の城があった。また、「天満宮付近遺跡」(縄文時代)、「篠谷遺跡」は磨製石包丁が出土した。 この付近は、縄文・弥生から戦国時代まで、いく時代にも人間が住んだ歴史ある台地である。下に東京都遺跡地図情報インターネット提供サービスのリンクがあります。


根方(上池上)から夫婦坂に向かう右斜面は、「根方貝塚」・「馬込貝塚」と言われた。この貝塚が世間に広く知られたのは、明治の小説家江見水蔭が実名で考古冒険小説『地中の秘密』(博文館・明治42年)を書いたからである、明治42年(1909)の事である。彼は小説の中で地中から出る土器・曲玉・石斧などが発掘されることを書いた。そのおかげで子供から大人まで手に手にシャベルを持ってやって来た。明治から大正初期のことであり、充分な調査が行われずに荒らされ、その後、住宅化により埋まってしまった。現在ではその貝塚跡を見ることは難しい。

貝塚からは、貝類や動物の骨、犬の埋葬あと、女性の骨も発見された。土器は縄文式で6000年から2000年前と推定されている。


社殿写真

三本松塚は、環七と第二京浜の立体交差近くにある。この付近で台地を削り高い切通しとなり、荏原へのバス通りは新馬込橋の陸橋を越える。今はない三本松が近くにあった。

天祖社殿裏が「三本松塚」である。案内の看板等はなにもない。神社も公園内にあり由緒などを考えると寂しい気がする。下の写真は社殿裏側の塚である。 天祖神社

下の写真は環状7号線、進行方向が杉並方向、
反対は大森方向。

都心の大動脈環状7号線をまたぐ陸橋が「新馬込橋」で橋の袂には、川瀬巴水の「馬込の月」のレリーフが彫られている。左は池上通りつながる嶺道、右は荏原町から中原街道に行ける、古くは都道56号大森田無線と言われた。右のビル裏側に天祖神社がある。

目次扉に戻る