ー神社建設記念碑によれば、古く天保2年(1831)の創建という道塚神社ー

道塚神社
  大正3年に道塚神社と改める、付近の油山稲荷大明神、神明宮、熊野大権現、茅場稲荷大明神を合祀した。現在の狛犬は、新しい昭和狛犬に替わっているが、先代狛犬は記念碑の前に置かれている。写真下は社殿前の昭和狛犬である。

下の写真は昭和狛犬の吽像、下は阿像の狛犬である。製作は石榮石材店、1988年の奉納である。 
狛犬写真
狛犬写真 狛犬写真

先代狛犬(参道手前左側にある)は左右とも「子取りの吽像」であろう。どちらも一匹の子供を抱いている。明治29年(1896)の奉納である。

上下の写真は先代の吽像 上の写真は右の狛犬
狛犬写真 狛犬写真

左の吽像は足下に子供が一匹いる。子供のお尻は参道に向いている。右の吽像は残念なことに親の腹にいる子供の顔は欠けている。顔は参道方向を向いていた。狛犬を後ろから見ると、柔らかいロングヘアーの様子がよく分かる。
神社の横には玉川八十八カ所霊場 第67番札所の大楽寺があるが、道塚神社の別当ではないようである。

目次扉に戻る
     狛犬扉へ    
   住所 新蒲田3-4-10