ー久が原の高台に創られた村の鎮守社 八幡(久原東部八幡)神社ー
社殿写真
伝承によれば、神護元年(765)9月宇佐八幡宮より勧請といわれる。建物は文久2年(1862)と伝わるがはっきりと確認できない。社殿は入母屋造りで屋根は茅葺き、軒廻りは蟇股(かえるまた)、斗供(ときょう)などが造られて美しいものである。大田区でも貴重な建物(指定文化財)である。同じ頃の建物が久原西部八幡神社にある、現在稲荷神社として祭られている。

久が原でも一番高いところにあり、江戸期に村が東西に二分されたが、馬込領久が原村の鎮守として信仰を集めた。周りには細い道が多く道祖神なども祭られている。久が原図書館前の道から上がる。わりと近くに、久原西部八幡神社があるので立ち寄ってみたい。

祭神は誉田別尊(ほむたわけのみこと)(日本書紀)である。応神天皇とも言われる。


狛犬は明治11年(1878)、「氏子中」の寄進である。右に「子取りの阿像」左に「吽像」である。阿像は足下に、後ろ向きの子獅子を抱えている。台座は3段に重ねてあり、初期の台座は雨のため浸食されている。(右写真参照)

台座には世話人の名前が12名ほど記載されている。石工名は2名、剥落が激しく「清三郎 」しか確認できない。写真は阿像を拝殿側から見たところ


境内の稲荷社、
上の写真は右の「子取りの阿像」
久が原図書館の前、細い道の「宮坂」を上がる、左側に鳥居(写真右)に出会う。現在はコンクリート造りの鳥居になった。新しくて何か寂しい気がする。 
拝殿の向拝木鼻の霊獣・犀(サイ)詳細は次ページ 住所 
久が原2-18-4
 久が原図書館近く
目次扉に戻る 狛犬扉へ