《馬込半白節成胡瓜の由来》 石碑の説明文 注・原文のママ掲載

 
馬込村では、昔から大井節成が多く栽培されていが、明治33年頃に白い部分の多い、独特の性質を持った馬込半白がつくられた、市場価値も高く、馬込の特産品となった。
 馬込半白は、「つる」の10節位から続いて雌花のつく節成種で、つるの伸びの強くない品種は、つるを立ててやると、よくせ育成することがわかり、馬込では支柱栽培を開発し確立した。
 大正9年頃『大農園』という採種組合が、篤農家、河原梅次郎氏を中心に数軒の農家でつくられ、その後、昭和8年には『馬込半白採種組合』が高瀬三次郎氏を代表として設立され、品種の保存と均一化に務めた。
 馬込で採種した馬込半白を温暖地の近県をはじめ四国、九州まで栽培指導した河原梅次郎の功績は大きい。
 馬込半白が、この地で栽培されたのは昭和38年頃までである

  
《馬込大太三寸人参の由緒》 石碑の説明文  注・原文のママ掲載


古来、馬込の周辺では、砂村三寸と川崎三寸(西洋種)が栽培されていたが西馬込の篤農家河原清吉らにより、砂村三寸と川崎三寸を交配して、それぞれの長所を受け継いだ、大形で形・色のよい人参に改良され固定された。
 昭和25年、大森東部農協(組合長 高橋正夫氏)が「馬込大太三寸人参」の名称で農林省に種苗登録し以後、馬込の特産品となった。
 農協では農家が採種した種子を買い上げ、宮内庁の三里塚牧場をはじめ、全国に販売した。また、この時期を堺に人参栽培は急速に普及した。
 馬込で人参栽培が盛んであったのは、昭和38年頃までで、農地の宅地化とともに除々に減少した。
           
       大田区のご好意により建立 平成8年3月吉日 JA東京大森

戻る