日本考古学の夜明け、モースが発見した大森貝塚

大森貝塚碑(大田区設置)
昭和5年4月

写真


大森貝塚の発見…明治10年(1877)

 アメリカ人、エドワード・シルベスター・モースが貝塚を発見したのは、明治10年(1877)、品川から横浜までの鉄道開通5年後のことでした。横浜から新橋に向かう途中の大森駅付近で、写真のように鉄道建設のため削られた斜面に、貝が大量に露出しているのを見ました。モースは、それが貝塚であることを直感しました。多くの日本人が同じ風景を見ていましたが、誰も古代人が捨てた貝の堆積した跡だとは知りませんでした。

 


モースが行った最初の発掘の様子  
 明治10年10月の記述から、『 今日、ドクターマレー、彼の通訳及び私は人夫2人をつれて大森の貝塚へ行った。人夫
は採取した物を何でも持って帰らせる為に連れて行ったのである。人夫達はつるはし耨(くさぎ 鍬のようなものか)で、我々は移植で掘り始めた。(中略)我々がそこを堀回した形跡は何ひとつ無くなった。大雨が一雨降った後では、ここがどんな風になったかは知る由もない。私は幸運にも堆積の上部で完全な甕(かめ)二つと、粗末な骨の道具一つとを発見し、また角製の道具三つと骨製のもの一つを見つけた』。(モース「日本その日その日」東洋文庫 平凡社刊から)

モースが最初に掘った場所がどこか明らかでない、大田区と品川区が競って記念碑を建てており、どちらも国指定史跡となっている。また国指定の史跡は記念碑の建っているわずか28.57uと言う狭さである、これは発掘場所が不明なためである。品川区では区立歴史館建設の時に、現在記念碑の建っているを場所を国鉄より買い取り調査を行った。

大森貝塚の発掘品について……明治12年(1879)本格的発掘調査始まる
 発掘された遺物は、縄文式後期の土器や土偶、石斧、石鏃、骨角器など、動物の骨はサル、シカ、犬、鯨を含む大量の貝殻でした。モースは発見された土器に「コード・マーク」と名づけました。土器の表面にナワ目模様が付いていたのです。驚くことに人骨も発見され、その骨が削られたりしていたことから、「食人」の風習があったのではないかと推測されました、未だ結論は出ていません。

大森貝塚の発掘場所は「品川区大井」であった。本当は大井貝塚となるはずだったが、モース達が大森駅に降りて発掘に向かったため、駅名をとって「大森貝塚」となった。貝塚公園は正確に言うならば品川区に属すようです。大田区の石碑(昭和5年4月)はNTTデータービルの間を入った線路ぎわにあります。昭和29年国指定の遺跡に認定された。参考・『東京都品川区 大森貝塚』編集・発行 品川区教育委員会 昭和60年発行 

 

写真    


大田区のプレート

 


↑ ●
貝塚公園(品川区)から東海道線を見る、発掘当時の海側は平坦で、東京湾の海岸線まで見えた。貝塚を作った人たちは、縄文時代後期、紀元前650年頃と推定されています。

 

埴輪形の公園トイレ(品川区の公園)
埴輪の形の公園トイレ、工夫があっておもしろい。公園はやや小高い丘にあり、東海道線越しに見える蒲田方向は低い平らな土地である。汽車の開通当時は東京湾の海が広がっていた。

大田区の遺跡・貝塚
  大田区は武蔵野台地の東端にあたり、縄文時代の大森貝塚は海に面したはずれにあたります。台地の湧水が豊富であり、関東ローム層の軟らかい土のため洞窟や集落を作りやすかった、そのために縄文弥生時代から人が住んでいました。区全体に遺跡が数多くあります。しかし鉄道が開通すると同時に、今と同じように宅地開発が行われ、遺跡が充分な調査を行われないまま工事され古代の遺跡は破壊されました。特に明治の文学者「江見水蔭」が実名で貝塚の場所を紹介したため、中馬込の遺跡(馬籠貝塚)などは調査がされないまま、素人の発掘者のため荒れ果ててしまいました。畑の表面近くに土器などが埋まっていたため、手軽に掘ることが出来た事が荒廃の要因でした。

目次扉に戻る