地図で確認する古い池上道
(平間街道1―1)
 
「東京市大森区全図」
昭和14年(1936)
都築康二著 蘇山閣発行  部分→(大田区立郷土博物館蔵)
 
 

昭和14年(1936)の大田区の地図を見ると、大正時代から始まった耕地整理が一段落したためか、碁盤目のような道路が見てとれる。長期間の大変な事業であったが、将来の発展のための基礎となった。特に平地の部分は整然とした道になった。今日、そのおかげで車社会にも対応出来ており、暮らしやすい住宅地になっている。


古東海道とは、平間街道のことである……

 
 地図上の赤い線は「古東海道」である、古くから「平間街道」(ひらまかいどう)の名前で知られる。大田区では環七付近の山王あたりから始まり光明寺まで続く。昭和10年(1935)頃に大森郵便局前から、今の「池上バス通り」が東急池上線本門寺駅まで造られた。当時の人は「改正道路」と呼んでいた。今ではその駅前から、第二京浜国道を横切り、環状八号線までの広い道が造られた。地図は、昭和7年(1932)に誕生した東京市35区の大森区部分である。(参照「旧市野倉町小史」)

 旧池上道(平間街道)は大森駅から、環七の手前まで池上バス通りと一緒だが、そこから分かれ、ほぼ並行する裏道となる。池上本門寺近く呑川を越えたあたりから、昔の門前町の雰囲気を残す道となる、両側に宿屋や茶屋などが軒を連ねていたのではないか。(参照)『大日本名所図会85号』の口絵 池上本門寺の参道を過ぎ、第一国道(第二京浜国道)を越える。このあたりは六郷用水の道と重なり分かりにくい。道は池上線により分断され、またすぐ環八により分断される。ここから、道は広げられガス橋に至る。江戸時代の渡し場は「平間の渡し」だが、その石碑もない。多摩川対岸の村は平間村である。池上道の写真を参照してください。

鎌倉時代からの街道、「下ノ道」とは平間街道(旧池上道)のことである。
  地図写真
北村氏の説、川崎側から多摩川を渡河したのち二つのルートが考えられる。

その1.
沼部駅→鵜の木稲荷→千鳥町→池上→新井宿→大森山王→大井六丁目
その2.沼部駅 →洗足池→長原(上池台六丁目)→北馬込(1から3丁目)→大井六丁目

 太田区史ではその1.の説を採り古東海道と紹介している。その2.の説を採るのは日蓮伝説である。伝承によれば日蓮は、多摩川を渡ったのち池上を目指した。今の洗足池である。ここで日蓮が足を洗ったため、以後洗足池と呼ばれるようになったという。また、衣を掛けた松の伝承も生まれた。池上を目指したが道に迷い、一夜の宿を万福寺薬師堂に借りた。そのお礼から「馬込に日蓮宗の寺は造らない」と約束したと万福寺伝承は伝える。
   
  東都近郊図 文政8年(1825)
江戸近郊図 弘化元年(1844)
明治初期の大田区域(1880年頃)
新井宿村・不入斗村全図 明治9年(1876)
  荏原郡全図 明治19年(1886)

トップ目次扉に戻る