山王から池上道を歩く、天祖神社の『八景碑』と暗闇坂今昔

写真

句碑について……
 句碑は、八景坂上にある松の側に建てられていた(文化3年頃のことらしい)。現在、この場所にはビル(名称ララビル)が建っている。その後いつ移築されたかわからない。木が切られたのは、明治元年頃、鉄道が引かれた時かもしれない。

 句碑には、『鎌倉の よより明るし のちの月 景山』とある。裏には八景を示す、笠島夜雨、鮫洲晴風、大森暮雪、羽田帰帆、六郷夕照、大井落雁、袖浦秋月、池上晩鐘の名前が書かれている。大森八景には別名を上げることもある。


古代から中世にかけて、八景坂の下は海辺であり、『荒藺ケ崎』と称された名勝地でした。平安朝の頃から知られていたようで、詩(うた)にも詠まれています。江戸享保年代(250年前)には、「八景坂」といわれ雪景色の名所として知られていました。

 このあたりを江戸時代は木原山ともいっていた。これは江戸開府とともに「旗本木原七郎兵衛吉次」の知行地となり、陣屋があったことによる。のちには、駅馬が置かれたために新井宿(荒藺宿)とも呼ばれました。

八景坂は別名『薬研坂(やげん坂)』『野鶏坂』とも言う。この名前は古老には良く知られています。また、江戸時代には、池上道ではなく相州街道、または平間街道、古東海道とも呼ばれていました。
 

句碑写真  
天祖神社の参道階段脇にある 八景碑。
階段写真
写真
句碑は高さ1.5メートルほど、JR大森駅西口から横断歩道をわたり、階段を登ると見ることが出来ます。左の写真は駅から天祖神社を見たところ
 
神社写真

天祖神社の創建は分からない、古くは神明社といわれた。八幡太郎義家が奥州征伐のとき戦勝を祈願したといわれている。信号機と該当の間に左の石碑が見える。

天祖神社の庚申塔は崖に彫られた洞窟に祭られている。「降三世明王尊」が納められている。造立は寛政12年(1800)である。 住所 山王2ー8ー1 JR大森駅前

   

暗闇坂……下の写真は『入新井町史』口絵(1927年刊)、
  写真のキャプションは「元の暗闇坂上がり口」である。暗闇坂を線路側から見たところである。(昭和2年頃の写真)北に向かい坂を登る、両側は切り立った石垣である。昔はこの道から馬込村に向かった。耕地整理が終わる昭和の半ば頃までは、往復に半日かけて馬込より大森へ歩いたという。


昭和初期の暗闇坂
 
 
暗闇坂の場所は、大森駅から歩き坂を下りきる、右に線路を潜るガードがある。そこより20メートルほど歩いたところである。建物は変わっても、今でも全体の雰囲気は変わらない。


前のページに
     目次扉に戻る