池上梅園茶室『清月庵』『聴雨庵

 左の写真は、斜面を上から見たところ、左上のほうに日が沈んでゆく。最盛時には斜面全体が
梅で埋まる。

上の写真は、薬師門付近にある石塔、左は昭和5年移築された茶室『聴雨庵』、昭和初期頃、財界人から政治家になった藤山愛一郎氏の所有だった。 左の写真は、茶室『清月庵』。江戸時代の大工技術を受け継いだ川尻善治氏が自らの隠居用として立てたもの。
池に面した和室  

〈開園時間〉 9時から4時30分まで、休みは毎週月曜日 料金 大人100円(16から65才まで)、子供20円(6歳以上)65歳以上は無料です。住所 池上2-2-13  電話03-3753-1658

池上梅園とは、美人画で有名な日本画家伊東深水の画室あとです。戦後人手に渡りましたが昭和53年(1978)に大田区の施設となりました。園内には梅の木が370本と他に800本(50種)ほどの木があります。特に斜面を利用した上の展望台から、正面に見る富士山の夕景は美しく、梅の季節(二月中旬には大変賑わいます。

前のページに    目次に戻る