「大願成就有ケ瀧縞」シリーズ  女性に託した幕政批判とも言われる
 

「大願成就有ケ瀧縞ー金太郎と鯉」絵・一勇斉国芳(歌川国芳) 名主印・浜彌兵衛 天保14年から弘化4年(1843〜1847) 版元・伊場久 伊場屋久兵衛 彫工・房次郎 国立国会図書館デジタル化資料 拡大表示

「大願成就有ケ瀧縞ー箱王丸」絵・一勇斉国芳(歌川国芳)名主印・衣笠房太郎 天保14年から弘化4年(1843〜1847) 版元・伊場久 伊場屋久兵衛 彫工・房次郎 国立国会図書館デジタル化資料 拡大表示

「大願成就有ケ瀧縞ー」絵・一勇斉国芳(歌川国芳)名主印・浜彌兵衛 天保14年から弘化4年(1843〜1847) 版元・伊場久 伊場屋久兵衛 彫工・房次郎 ボストン美術館蔵 拡大表示

「大願成就有ケ瀧縞ー菊慈童」絵・朝櫻楼国芳(歌川国芳)名主印・浜彌兵衛 天保14年から弘化4年(1843〜1847) 版元・伊場久 伊場屋久兵衛 彫工・房次郎 東京都立図書館蔵 拡大表示

 
「大願成就有ケ瀧縞ー見立文覚」絵・朝櫻楼国芳(歌川国芳)名主印・浜彌兵衛 天保14年から弘化4年(1843〜1847) 版元・伊場久 伊場屋久兵衛 彫工・房次郎 国立国会図書館デジタル化資料 拡大表示

「大願成就有ケ瀧縞ー中国隠者。見立許由」絵・朝櫻楼国芳(歌川国芳)名主印・衣笠房太郎 天保14年から弘化4年(1843〜1847) 版元・伊場久 伊場屋久兵衛 摺工・房次郎 国立国会図書館デジタル化資料 拡大表示

 

「大願成就有ケ瀧縞ー金閣寺」絵・朝櫻樓国芳(歌川国芳)名主印・浜彌兵衛 天保14年から弘化4年(1843〜1847) 版元・伊場久 伊場屋久兵衛 彫り・松島房次楼 国立国会図書館デジタル化資料 拡大表示

「大願成就有ケ瀧縞ー鳴神」絵・朝櫻樓国芳(歌川国芳) 名主印・浜彌兵衛 天保14年から弘化4年(1843〜1847) 版元・伊場久 伊場屋久兵衛 彫り・廉吉 国立国会図書館デジタル化資料 拡大表示

 
「大願成就有ケ瀧縞ー布引の瀧」絵・一勇斉国芳(歌川国芳) 名主印・浜彌兵衛 天保14年から弘化4年(1843〜1847) 版元・伊場久 伊場屋久兵衛 彫り・廉吉 国立国会図書館デジタル化資料 拡大表示

「大願成就有ケ瀧縞ー音羽の瀧」絵・一勇斉国芳(歌川国芳) 名主印・浜彌兵衛 天保14年から弘化4年(1843〜1847) 版元・伊場久 伊場屋久兵衛 彫り・房次郎 大英博物館所蔵 拡大表示


各画の詳細は、拡大表示の
ページにあります。
歌川国芳には、一説に天保の改革を批判したとされるシリーズがある。『縞揃女弁慶』、『大願成就有ヶ瀧縞』、『時世粧菊揃』の三シリーズである。
  三シリーズにある狂歌が、暗に幕府の批判を暗示している事は、専門家には知られたことらしい。一般的な国芳紹介本では、まず取りあげられることはない。『国芳画の縞の着装は呉服宣伝説があるが、実は、狂歌師の本業に由来すると想われる。実際は呉服宣伝ではないが、染色、着物製作と関わる狂歌師が協力したため、呉服宣伝という俗説があると思われる。』(『狂歌と着物の模様のメッセージー浮世絵の女性達ー』伊藤敦子著 朱鳥社刊 2005年)

瀧縞は、江戸中期になりインドや中国より縞模様の布が輸入され、太い縞から細い縞への組み合わせに粋だと流行した。上記のように色々な瀧縞が創られた。

トップ扉に戻る    幕末浮世絵目次    江戸ー奇想    北斉目次   国芳目次