国芳武者絵 英雄六家撰……国芳晩年期の武者絵
浮世絵   浮世絵

「英雄六家撰 新田左中将義貞」絵・一勇斉国芳(歌川国芳)名主印・年月印 福島和十郎・村松源六・嘉永六年(1853)10月、版元・林家庄五郎 彫り・横川彫竹 横川竹二郎 国立国会図書館デジタル化資料 拡大表示

「英雄六家撰 楠 正行」絵・一勇斉国芳(歌川国芳)名主印・年月印 福島和十郎・村松源六・嘉永六年(1853)10月、版元・林家庄五郎 彫り・横川彫竹 横川竹二郎 国立国会図書館デジタル化資料 拡大表示

浮世絵 浮世絵
英雄六家撰 鬼小嶋弥太郎一忠」絵・一勇斉国芳(歌川国芳)名主印・年月印 福島和十郎・村松源六・嘉永六年(1853)10月、版元・林家庄五郎 彫り・横川彫竹 横川竹二郎 国立国会図書館デジタル化資料 拡大表示

「英雄六家撰 恩地左近萬一」絵・一勇斉国芳(歌川国芳)名主印・年月印 福島和十郎・村松源六・嘉永六年(1853)10月、版元・林家庄五郎 彫り・横川彫竹 横川竹二郎 国立国会図書館デジタル化資料 拡大表示

浮世絵 浮世絵

「英雄六家撰 山本勘助入道鬼斉」絵・一勇斉国芳(歌川国芳)名主印・年月印 福島和十郎・村松源六・嘉永六年(1853)10月、版元・林家庄五郎 彫り・横川彫竹 横川竹二郎 国立国会図書館デジタル化資料 拡大表示

「英雄六家撰 馬場美濃守信房」絵・一勇斉国芳(歌川国芳)名主印・年月印 福島和十郎・村松源六・嘉永六年(1853)10月、版元・林家庄五郎 彫り・横川彫竹 横川竹二郎 国立国会図書館デジタル化資料 拡大表示


ー各場面の補足(上左から)ー

新田義興(にったよしおき)は新田義貞の次男である。大田区矢口渡で奸計に遇い、配下の10名と共に渡し船で自刃した。浄瑠璃・歌舞伎の『神撰矢口渡』で有名である。新田神社は、新田義貞を祭る神社であり、江戸時代には、徳川家との関係から大いに賑わったと言う。

楠 正行は、楠木正成の意志を継ぎ、四條畷の戦いで大軍を相手に戦い戦死した。国芳は四條畷の戦い場面を何度か描いている。

鬼小嶋弥太郎一忠は、上杉謙信の配下の武士と言われるが、実在が疑われており架空の人物であろう。しかし、挿話があり、歌舞伎にも取り上げられており人気の武者である。

恩地左近萬一は、楠木正成にしたがった武士である。楠公八臣の一人と言われ、千早城や飯山上の戦いに従い、最後は四條畷の戦いで討死にした。彼が築いたと言われる恩地城は、大阪八尾市恩智仲町にあり、現在は公園になっている。

山本勘助は、武田信玄の軍師である。川中島(1561年)の戦いで上杉謙信の軍に囲まれた勘助は、信玄を護るため多くの武将が討ち死にした、その中に山本勘助入道鬼斉がいた。架空の人物と思われたが、近年、書簡が発見され実在が確認された。

馬場美濃守信房は、武田信玄の武将である。信玄の死後、息子勝頼に疎まれた。織田・徳川連合軍と長篠の戦いで、獅子奮迅の働きをしてして死に場所を得た。

晩年の国芳の武者絵である。若い時と違い落ち着きがあるが、鎧に包まれた武者の肉体が膨らんでくるような力強さがない。ロックからジャズに移ったようだ。

江戸ー奇想   国芳目次   トップ扉に戻る   北斉目次   参考図書