ー奇想と反骨の幕末江戸浮世絵ー
2015.01.08更新
01.浮世絵のシタ賣とは何か 摘発を逃れるための販売スタイル。

02.浮世絵に顔を重ねた子持ち絵 表情を変えて、顔部分を重ねた子供向けの遊び絵か。


03.子供絵・教育絵・カルタなど 豊かな子供向けの玩具、子供を慈しむ江戸時代。


04.江戸の双六 特に人気の役者双六、今はない軍人双六、仏教双六、他。

05.江戸双六−2 浮世絵大家の葛飾北斎も創った双六。

06.江戸の本屋・草双紙・浮世絵 文化度が高かった社会は文盲率の低さにある。

07.浮世絵の彫りと摺り 1ミリに三本の毛を彫ったと言われる彫りと摺。


08.喜多川歌麿と山東京伝の店 江戸庶民、子ギャルが集まるお店。


09.浅草奥山・両国の見世物小屋 江戸庶民の娯楽のメッカ、流行の見世物小屋。

10.浅草奥山・動物見世物小屋駱駝(ラクダ) 人気の見世物。

11.浅草奥山・奇人・生き人形 不思議な異国の人

12.団扇絵について 江戸庶民の生活必需品 贈答品

13.北斉の団扇国芳の団扇豊国の団扇

14.広重の団扇広重・豊国合作団扇

15.歌川房種の団扇

16.引札(宣伝)団扇

17.喜多川歌麿の酒の引札(広告)

18.清元新年挨拶の浮世絵 歌舞伎役者への新年挨拶か
   
19.江戸の奇想  思い切った表現方法 が面白い。


江戸時代幕末の頃、天保の改革により華美な祭礼や贅沢・奢侈はことごとく禁止された。役者絵や歌舞伎絵に依存していた浮世絵も大きな規制を遂げた。しかし木版技術の彫りと摺りの技術は最高度に達していた。わずか2ミリの板(版木)に3本の毛を彫る事が出来るようになった。ぼかしなどの摺りも高度に成り、豪華な多色摺りの錦絵となった。
 
 
天保の改革により贅沢が禁止され、浮世絵も美人画・役者絵が禁止のため、売り上げの激減に危機感を抱いた、そこで版元は風景画や他のジャンルに活路をもとめた。そのため、色々な種類の浮世絵が出された。その中には「はんじ絵」と呼ばれた浮世絵がある。国芳は、そのジャンルの第一人者であり、戯画・判じ物を作り世間や幕府さえも「国芳は何をするのか」と騒がせた。
 
  残念なことに幕府による浮世絵の弾圧により、浮世絵師が食べるために春画を製作して社会に流布したのも事実である。葛飾北斎、喜多川歌麿、歌川国芳などの大家も手を染めた、春画は下手な浮世絵師には描けず、彫りも摺りも最高の技術が必要であった、浮世絵師も自分の表現を求めて力を入れたと言う。春画のほうが技術が優れていると言う人もいる。しかし、春画のために浮世絵を下品なものとする人々がいるのも事実である。その最たる例が喜多川歌麿である。美人大首絵や春画で知られるウタマロ(喜多川歌麿)だが、素晴らしい狂歌本を残しており、その技量は素晴らしく一見に値する。

トップ扉に戻る   北斉目次   国芳目次   月岡芳年