歌川国芳目次
ー奇想と反骨の江戸職人浮世絵師ー
2015.01.08更新
猫・擬人化 猫じゃ猫じゃ 愛猫家、歌川国芳の面目躍如、猫だらけ
 
 01.猫と団扇絵 猫の団扇といなせなお兄さん、団扇は江戸庶民に人気のあった日用品
 
 02.反骨心「ムダ書き」 権力への反骨心、江戸っ子の心意気、子供の落書き風役者絵
 
 02.弁慶鐘を引く、影絵ー2 歌川国芳奇想の影絵と両国の見世物、不思議な異人
 
 03.妖怪・化物・幽霊 コミカルな化け物忠臣蔵、歌舞伎佐倉惣五郎の幽霊
 
 04.国芳の奇想 歌川国芳奇想 土砂降りの雨、大山参りの群衆、鑑を遣う女
 
 05.八犬伝と東都シリーズ 

東都名所シリーズ 歌川国芳代表作 里見八犬伝 屋根上の戦い 
 
 06.刺青・水滸伝・武者絵 歌川国芳が流行させた入れ墨、水滸伝と武者絵
 
 07.国芳の代表的な絵 武者絵、平家物語、珍説弓張月、高祖日蓮の法難を描く揃いもの
 
 08.西洋への好奇心 歌川国芳の好奇心、画面構成に遠近法を取り入れる西洋画風
 
 09.国芳の美人画 歌川国芳描く江戸の女達(三枚揃)江戸の正月風景
 
 09.国芳の美人画ー2(夜参り八景
格子縞の女達
 
 09.国芳の美人画ー3(縞揃女弁慶縞揃女弁慶の女達(狂歌)
 
 10.国芳の美人画−4(大願成就有ケ瀧縞歌川国義の意図は 女性に託した幕政批判か

 
 11.国芳の「英雄六家撰」武者絵 歌川国芳得意の古今の武将

 
● 12.他浮世絵師の猫く猫 浮世絵師は猫好きか、浮世絵師達が描く色々な猫たち
 
 13.高祖御一代略図 歌川国芳の高祖日蓮500年忌記念 日蓮10大法難 叙情溢れる浮世絵 
 
 14.引札(広告・宣伝) 歌川国芳江戸時代の広告である引き札、酒の剣菱、団扇絵
 
 15.楽しい団扇絵 団扇絵の歴史、喜多川歌麿の描く団扇絵 江戸の団扇屋と行商の団扇屋


歌川国芳の奇想について……私見
 
  国芳は、文化10年(1813)、17才の時にデビューした。文政2年(1819)に『平知盛亡霊の図』は23才の頃、文政9年(1827)頃より武者絵より徐々に人気が出始めた。
  文政10年(1828)、31才に『水滸伝』が両国の版元加賀屋から、同時に『通俗水滸伝豪傑百八人一個』が5枚出る。これが大人気になり「武者絵の国芳」と言われ地位を確保した、絵は大胆な構図と動き、体中に描かれた刺青は新鮮で刺激があり、大衆の目を奪い人気が上がった。これ以後、江戸のいなせなお兄さんや火消しなどが刺青をいれ「男気」を誇示することが流行った。
 
  天保改革のさなか14年(1843)に出た『源頼光公館 土蜘作妖怪図』は、幕府批判した風刺画と見られ、評判になり、反骨の浮世絵と祭り上げられたが、彼は幕府を茶化しただけで、欧州の風刺画(カリカチュア)のような明確な意図はなかったと考える。

  国芳は、西洋風の「東都名所」「東都○○之図」のシリーズに挑戦したが人気は出なかった。むしろ個人的な見解だが、美人画3枚揃いのほうに人気が出たのではないか。渓斉英泉のような妖艶な美人ではないが、江戸の町女達を描き、粋な瀧縞や弁慶格子を着た町屋の女を描いている。これらの絵は枠にとらわれた浮世絵ではなく、写実にこだわった絵のように感じられ、持っている小物や絵の背景にも神経を使い、現実の人間を描いたようである。
  国芳の人物表現が、生身の人間に近づき、形にはまった役者絵(歌舞伎)の約束を破り、現実の人間のように思える。橋元 治氏(作家)も指摘されているように、『誠忠義士肖像』の大石内蔵助は史実(生身)の内蔵助であって、歌舞伎や大映映画で演じられ、大向こうを唸らせる長谷川一夫の大石内蔵助ではない。そのためであろうか、忠臣蔵は必ず当たるという予想を裏切り、わずか12図で打ち切りとなった。
 
  弘化・嘉永年間は、円熟した冴えを見せ『鬼若丸の巨鯉退治』、『相馬の古内裏』、『隠岐院眷属をして為朝をすくふ図』などの傑作を出した。現在のように芸術家が自分の表現を作品にするのではなく、江戸時代の浮世絵師は、版元と相談して、如何に売れる浮世絵を創るかが仕事であり、国芳も職人として自分の持っている技術・アイデアを出したのであろう。国芳の絵には理にかなった緻密さがある、葛飾北斎と同じように対象を調べて構成する努力もしている。また機知や反骨精神もあり、それが私たちに奇想と見えるのであろう。文久元年(1861)、愛した江戸町の行く末を見ずに享年65才で没した。

トップ扉に戻る   幕末浮世絵目次    北斉目次