国芳の奇想
猫じゃ猫じゃ 猫狂い歌川国芳戯画と色々な団扇絵


東京国立博物館・http://www.tnm.jp/
国芳の奇想  《団扇(うちわ)絵の猫……擬人化された猫》
団扇絵


「猫のすずみ」絵・一勇斉国芳(歌川国芳)版元・制作年不明(天保年間後期か)。

『両国橋を望む桟橋に芸者猫が迎えに出、「股たび」と染められた手拭いを腰に挟んだ船頭猫が舟を寄せる。中から小判を散らした浴衣を着た客の猫が顔を出している』(「浮世絵を読む・6 国芳」浅野秀剛・吉田伸之編 朝日新聞社1997刊)拡大表示 東京国立博物館蔵


団扇絵


「猫の六毛撰」絵・一勇斉国芳戯画(歌川国芳)名主単印・村松源六 天保年間末から弘化4年(1847)頃、版元・西村屋与八 

  猫には面白い名前がついている。右から、「みけんぽっち」は喜撰法師、「大どらの黒斑」は大伴黒主、「今夜はやすむね」は文屋康秀、「ちょうちょうてんごう」は僧正遍昭、「あまの子もち」は小野小町、「むぎわらにじゃれ白」は在原業平である。拡大表示 東京国立博物館蔵

団扇絵



「そめいろづくし」絵・一勇斉国芳戯画(歌川国芳) 版元不詳 染色の事らしく、ねこしぼり(絞り)、狐こん、熊くろ、鼠ねづいろ、たぬきちゃいろなど洒落ている。拡大表示 国立国会図書館デジタル化資料。

団扇絵



「夕すずみ」絵・一勇斉国芳(歌川国芳)名主単印・渡邊庄右衛門 版元・伊場屋九兵塀 弘化年間末から嘉永初期年頃、国立国会図書館デジタル化資料所蔵
  舟を漕ぐ、いなせなお兄さんの団扇絵である。 
           

団扇絵



「月日貝河堂類友引」題簽 絵・一勇斉国芳(歌川国芳)名主印・田中平四郎 天保年間末から弘化四年(1842〜1847)版元・伊場久 伊場屋久兵衛 意味不詳 国立国会図書館デジタル化資料所蔵 他にも確認されている。拡大表示

団扇絵



「花鳥合美人団扇絵」絵・一勇斉国芳(歌川国芳)名主双印・衣笠源太郎・渡邊庄右衛門 版元・加賀屋吉右衛門、嘉永年間 国立国会図書館デジタル化資料所蔵 庭の瓢箪とすずめ、

団扇絵



「園中八撰花 団扇絵」絵・一勇斉国芳(歌川国芳)名主単印・村田平右衛門 弘化4年頃(1847)版元・伊場仙 伊場屋仙三郎(団扇堂)彫り・房次郎 国会図書館デジタル化資料 拡大表示

団扇絵



「江戸名所上野 団扇絵」絵・一勇斉国芳(歌川国芳)名主印・衣笠房太郎・村田平右衛門 弘化4年から嘉永5年頃(1852)版元・三平、国立国会図書館デジタル化

団扇絵



「松若丸」絵・一勇斉国芳 名主印・吉村源太郎、村松源六、弘化4年(1847)から嘉永5年(1852)版元・伊場仙 伊場屋仙三郎 大英博物館所蔵 拡大表示

団扇絵



「太夫」絵・一勇斉国芳 名主印・福島和十郎、村松源六、弘化4年(1847)から嘉永5年(1852版元・伊場仙 伊場屋仙三郎 大英博物館所蔵 拡大表示

団扇絵



「婉曲揃」絵・一勇斉国芳 名主印・福島和十郎、村松源六、嘉永5年(1852)版元・伊場仙 伊場屋仙三郎 彫・堀竹 大英博物館所蔵 拡大表示

団扇絵


「江戸名家 すみだ川」絵・一勇斉国芳 名主印・吉村源太郎・村松源六 弘化4年(1847)から嘉永5年(1852 版元・伊場仙・伊場屋仙三郎 彫・平三 大英博物館所蔵 拡大表示

団扇絵



「江戸名家 高輪」絵・一勇斉国芳 名主印・吉村源太郎・村松源六 弘化4年(1847)から嘉永5年(1852 版元・伊場仙・伊場屋仙三郎 彫・平三 大英博物館所蔵 拡大表示

団扇絵

「三つ○○の内」絵・一勇斉国芳 名主印・福島和十郎、村松源六、嘉永5年(1852)版元・伊場仙 伊場屋仙三郎 彫・堀竹 大英博物館所蔵 拡大表示

ー団扇絵絵師目次ー

 ●
葛飾北斎団扇絵ページ
 
歌川豊国団扇絵ページ
歌川国芳団扇絵ページ
歌川広重団扇絵ページ
歌川広重団扇絵ページ
歌川房種団扇絵ページ

団扇絵について
トップ扉に戻る 幕末浮世絵目次 戻る
イギリス大英博物館所蔵の一勇斉国芳(歌川国芳)団扇絵は、晩年の絵である、特に「松若丸」団扇絵は構成が素晴らしい。