ー宝篋印塔に囲まれている中橋狩野宗家・木挽町狩野家墓所ー
 
宝篋印塔写真
左の写真は「中橋狩野宗家累代の墓」
  後ろの墓石の中に「心覚妙貞需尼」とあるのは狩野
探幽の先妻と言われている。平成21年9月4日に撮影に
行くと榊(さかき)があった。縁者の方がお参りに来られたのであろうか。
奥絵師狩野家は法華(日蓮宗)信仰に篤く、菩提寺を池上本門寺南之院に定めた。何故、南之院が菩提寺になったのか分からない。狩野四家の墓も池上本門寺墓域にある。


右近考信(うこんたかのぶ)」(1571〜1618年)の宝篋印塔 戒名・圓大院考信日養 元和4年(1618)没
 
  彼は狩野永徳の次男であり、長男光信なきあと彼(光信)の長男貞信が正当の中橋狩野家を継ぐはずであったが、若くして没したため孝信が継ぐことになった。孝信は狩野家をまとめた中興の祖である。長男探幽(たんゆう)は鍛治橋狩野家となり、次男尚信(なおのぶ)は木挽町狩野家を創り上げた。三男安信(やすのぶ)は死んだ貞信の養子として、宗家中橋狩野家を相続した。後に常信(つねのぶ)の子・ 岑信(みねのぶ)が浜町狩野家を起こした。
 
  右近考信の画として御所造営に描いた絵が、仁和寺に『賢聖障子』(1613年作)として伝わる。

写真の宝篋印塔は狩野探幽がデザインしたものである。大田区の文化財となっている。
2017.08.13 更新


宝篋印塔写真
宝篋印塔が並ぶ狩野家累代の墓
 左から狩野尚信・木挽町狩野家、真ん中は狩野貞信・中橋狩野家、一番奥が狩野考信の墓
。宝塔印塔横にある狩野家の墓。
写真 中橋狩野家累代の墓
写真 宝篋印塔 主馬尚
 
写真 宝篋印塔 左近貞信墓
右「狩野左近貞信(さこんさだのぶ)」(1597〜1623)の宝篋印塔 戒名・安心院貞信日理大居士 元和9年(1623)没  中橋狩野家宗家 狩野光信の長男であったが、27才の若さで早世した。

左「狩野主馬尚信(しゅめなおのぶ)」の宝篋印塔(1607〜1650)戒名・圓心院實諦日徳 木挽町狩野家の祖である。慶安3年(1650)没
 狩野
右近考信の次男、探幽の弟である。将軍秀忠より京橋竹川町に屋敷を賜る。兄探幽と共に二条城、聖衆来迎寺、知恩院障壁画の制作をする。また彼の水墨画も評価が高い、探幽と同じく狩野の名前を上げた。のちに僧籍に入る。子の養朴常信が木挽町の名を高めた。  
    写真 安信の墓
狩野安信
写真 中橋狩野家
中橋狩野家宗家
の墓地図

左から「狩野永叔主信(えいしゅんゆきのぶ)」(1675〜1724)戒名・松岸院殿前大蔵卿法眼永叔日長大居士 享保9年(1724)没、中橋狩野家3代目 時信の子。

真ん中は「狩野永眞安信(えいしんやすのぶ)」(1613〜1685)戒名・長源院殿日実法眼永眞安信居士 貞享2年(1685)没、中橋狩野宗家の家祖、五代目 1662年法眼となる。通称右京、絵はあまり評価されなく「下手右京」と言われたが、古画鑑定や「画道要訣」などの本を残した。

は「狩野永真憲信(えいしんのりのぶ)』(1692〜1731)戒名・得解院永眞日經大居士 享保16年(1731)没、中橋狩野宗家四代目である。
 

写真 受川玄信墓 写真 永徳立信墓 写真 徳英信・高信夫妻墓

「狩野受川玄信(じゅせんはるのぶ)」(1715〜1731)戒名・植種院玄信日沾 享保16年(1731没 木挽町狩野家 狩野家の栄川古信の養子となるが17才で死去。

「狩野永徳立信(えいとくたちのぶ)」(1814〜1891)戒名・永悳院殿晴雪斎立信日善大居士 木挽町狩野家・伊川院永信の子として生まれる。狩野祐清の養嗣子となり中橋狩野宗家を継ぐ、幕府崩壊後は師範学校、博物局などに務め、フェノロサに日本画の手ほどきをするなど活躍した。

狩野祐清英信(ゆうせいてるのぶ)・永徳高信(えいとくたかのぶ)夫妻」の墓  
写真 永徳高信墓
写真 祐清英信墓
  写真 永賢泰信墓
 

「狩野永徳高信(えいとくたかのぶ)」(1740〜1795)戒名・聽受院殿治部卿永徳法眼高信成文斎日意大居士 寛政7年(1795)没 中橋狩野家6代。

「狩野祐清英信(ゆうせいてるのぶ)」(1717〜1763)戒名・如川院殿大蔵卿法印如滴斎祐清日淨大居士 宝暦13年(1763)没 中橋狩野家宗家 憲信の弟である。中橋狩野家宗家5代目になり、後に法印となる。 不思議な事は墓に刻まれたのは戒名ではない。

「狩野永賢泰信(えいけんやすのぶ)」(1767〜1798)戒名・秋巧院殿永賢泰信日微大居士 寛政10年(1798)没 中橋狩野宗家7代目


池上本門寺内では最古の道標である。元禄10年(1697)8月吉日の造立で、祖師廟所と祖師硯水への行き先を示す。現在は宝塔右側の狩野家墓域の石段下にあるが、元の位置かは不明である。
寸法 台座・650×460×100、1760(高さ)×380(巾)×250(厚さ)(参考・『大田区の史跡名勝天然記念物』大田区教育委員会 2010年刊)

(注)文中の戒名は池上本門寺『池上本門寺の狩野家墓所』パンフレット の記載による。狩野家の菩提寺である「南之院」に残されている狩野家の位牌に書かれている戒名である。
(注)
名前の前は画号である

   扉目次に戻る