江戸末期の神社建築装飾
自性院の牛頭天王堂(ごずてんのうどう)
牛頭天王堂
  自性院の境内に移築された大田区指定の文化財、建築装飾過剰気味の江戸末期神社で、名称は牛頭天王堂 文久元年(1861)の棟札から荏原郡下袋村の大工棟梁・稲葉音治良・信重の仕事と分かる。 
牛頭天王堂

自性院(じしょういん)(寺号 本覚寺)寺伝によると平治元年(1159)頃という、正しいとすると羽田最古の寺院となる。

牛頭天王堂

拡大表示



拡大表示


牛頭天王とは素戔嗚尊(すさのおのみこと)であり、京都の八坂神社(祇園社)は牛頭天王社・祇園天神・武塔天神などと呼ばれて、北野天満宮と並び京都有数の神社として発展した。素戔嗚神社は日本各地にあり、明治までは牛頭天王社と呼ばれていた。素戔嗚は進雄、須佐男、素戔雄とも書かれ神社名にもなっている。東京都・荒川の素戔雄神社は「江戸名所図絵」にも描かれて有名である

牛頭天王堂


向拝柱に巻き付く龍の宮物彫刻(堂宮彫刻)、おそらくケヤキの彫り物。拡大表示

牛頭天王堂

 ↑●弁財天(天女)と龍の妻飾り 拡大表示
水引き虹梁の上にある妻飾り。乙姫様の弾く琴に聞き惚れるような龍の彫物。波の上に配置されている

 
↓●
横から海老虹梁とその下の手挟、木鼻の龍、拳鼻を見る

写真 牛頭天王堂

 ↑●手挟(てばさみ)構造的よりも装飾的に作られた。彫られている霊獣は飛龍(ひりゅう)である。水を祀る霊獣、顔は龍に似ている、鯰のように二本の髭(ひげ)を持つ、胴体は短く羽を持つ、不思議なことに尾は魚の尾鰭である。波の中に配置される。←拡大表示

 ↑●唐破風下の妻飾り霊獣の鳳凰(ほうおう)
写真 牛頭天王堂
 上の二枚は蟇股、上・雀に竹、下・鷹に松彫刻に より装飾化された蟇股

  ●下は拳鼻(こぶしばな)、ここでは装飾的な木鼻を 拳鼻としています。写真は霊獣の獅子である。

写真 牛頭天王堂

上の二枚は、頭貫と内法貫(うちのりぬき)の間の彫刻、霊獣の犀、本殿左側から右側へ進んでいる。左上は振り返る犀、背景は波、顔には顎髭(あごひげ)がある。拡大表示

牛頭天王堂は、前の弁天神社で三輪厳島神社の社務所の所にあった。昭和4年(1929)現在地に移築された。写真で分かるように彫刻はかなり手の込んだものである。この彫刻は、江戸末期の装飾過剰と思われる彫刻である。上の写真の獅子は舌が彫られており、阿吽の対になっているようだ。

住所 大田区本羽田3-9-10 
産業道路六郷橋そば、左隣には羽田神社がある。
目次扉に戻る       江戸末期建築装飾の寺社

↑●
向拝柱の籠彫持ち送り、波に水鳥(おそらく鴨)