ー日本人の精神的な元型である富士山、沈む太陽に明るく照らされる五重塔ー
五重塔夕景


上の写真は、展望台より五重塔を水平に見たところである。気になっているのは相輪がやや大堂方向(左に)傾いていることである(レンズのゆがみか)。慶長19年(1607)の大地震で傾き、秀忠の寄進で修理したとある。その後、元禄15年(1702)に祖師堂前(現在に大堂付近)から現在地に移動して建てられた。

夕陽写真
拡大表示
五重塔夕景
五重塔シルエット
上の写真はシルエットになった五重塔。屋根の形状が分かりやすい 
右の写真は、最初の祖師堂近くにあれば、夕陽は相輪の最上部を照らしたのでないかとイメージした写真である。五重塔全体がシルエットになり相輪の最上部が光る、昔はそこまで意識した堂宇の位置でなかったかと愚考する。 相輪の光写真
 
注、このページ内の五重塔写真は避雷針を
消してあります。
 目次に戻る    池上本門寺の墓    浮世絵の五重塔