江戸時代、若年寄の堀田正敦(まさあつ)
は大の鳥好き

『禽婦ー山禽1』堀田正敦編 鳥は「ひくひどり」である。鳥のページへ
トップ扉に戻る