ー常陸笠間藩・四代藩主牧野貞幹の『鳥類写生図』ー
 

笠間藩牧野家(8万石)は譜代大名である。4代藩主として牧野貞幹(1747〜1828)は幕府の奏者番を勤めた、優秀であったと思われる。牧野家は延享4年(1747)から明治4年(1871)まで笠間藩を治め、明治には子爵となる。牧野貞幹は42才の若さで死去した、藩主のままであった。忙しい政務の合間に、本草学の分野では『鳥類写生図』(4巻)『草花写生』(8巻)を自身の写生で残した。
『鳥類写生図』4巻では、200種類の鳥を描き、その図には羽の特長を書き添えるなど本格的な図譜である。また、『草花写生図』では284点の草花を描いている。
 常陸笠間藩の下屋敷は、日本橋浜町に有り、浜町には狩野家がある。譜代大名の藩主である彼は、望んで絵師の絵の手ほどきを受けたであろう。彼の絵は素直な筆順であり、絵師に習った確かな筆運びを感じさせる。

木版画 キンケイ
「キンケイ(金鶏)」牧野貞幹画、
 
  中国の四川省・湖北省に住む雉(キジ)科の鳥である。日本には徳川家康の頃、南蛮船から献上されたという。この鳥は両国川岸の見世物小屋でも見られたという。左の派手な鳥が雄(オス)である。余りの鮮やかさに想像上の鳥と思われていた時もある。
国立国会図書館デジタル化資料 自筆本4巻の2巻目 下のズームボタンより拡大画面を御覧ください。国立国会図書館デジタル化資料



「四十カラ雁(四十雀雁) カナダ雁の亜種」牧野貞幹画
  江戸時代はよく見られたのか、冬に見られた渡り鳥、全長70センチほど。左側 国立国会図書館デジタル化資料
右側 「セイケイ(青鶏)」牧野貞幹画 巻1、クイナの一種、全体に青みを帯び、嘴は赤い。日本には生息せず、何度か持ち込まれた水鳥。国立国会図書館デジタル化資料
木版画 計里鳥(ケリ)
「計里鳥(ケリ)」チドリ目チドリ科タゲリ属の鳥、牧野貞幹絵
鳴き声から付けられた。全長35センチ、特長として偽傷が巧みである。『頭上,後頸(こうけい),背,翼は黒くて光沢がある。上尾筒は橙栗色,尾は基部が白く先が黒い。翼の下面は風切が黒く,雨覆は白色で対照が著しい。』(世界大百科事典 平凡社 第2版)これは左図、羽の説明ではないか。国立国会図書館デジタル化資料
国立国会図書館デジタル化資料 古典貴重書から
「牧野貞幹 鳥類写生図」で検索
図譜目次に戻る