ー幕府医者 栗本丹州の自筆掛け軸 『鳥獣魚写生図』5軸ー
掛け軸 ウミネコ
軸−1 ウミネコ


栗本丹州(1756〜1834)は、江戸時代中期から後期にかけての医師(幕府の医者)であり、江戸の博物家田村藍水の次男から本草家栗本昌友の養子となる。名は昌蔵(まさよし)、通称は瑞賢と称す。寛政元年(1789)に奥医師(幕府の御殿医)となり、文政4年(1821)に法眼から法印(瑞仙院)になる。幕府の 医学館で教える。医学館(明和2年)とは、幕府が神田佐久間町に開いた漢方医学校である。寛政3年(1791)に幕府直轄の医官養成校となる。著作は日本で最初の昆虫図説『千虫譜』(彩色写生図集)や魚類図巻の『魚介譜』(栗氏魚譜)が有名である。また幕府若年寄堀田正敦や蘭学者大槻玄沢などとも親交があった。

『鳥獣魚写生図』について……国立国会図書館デジタル化資料
軸−1,「海鴎」ウミネコ(2才か成鳥)、下の絵、セグロカモメかオセグロカモメらしい、画中にはオキノバカザウと記載されているが、これは水府(水戸)地方の方言である。
軸−2,「豪猪、山アラシ」ジャワヤマアラシ
軸−3,「雷獣、オオカミ」又は野犬か、画中には「元文2年(1737)7月17日、武州岩槻領掛村」とある。
軸ー4、「ウチワ漁」ウチワフグ
軸−5,「沖マンザイ」マンボウ
 (画は全て国立国会図書館デジタル化資料 )

    掛け軸 オオカミ
掛け軸 ヤマアラシ
軸ー3 オオカミか、野犬か

オオカミは秘本では絶滅したと思われる。為にオオカミはタイリクオオカミをさす。日本で確実な記録は、奈良県東吉村鷲家口(わしかぐち)で、標本はロンドン自然史博物館にあり、シーボルトが持つ標本はオランダ国立自然史博物館にある。しかしオオカミは日本では、大神様として神社の狛犬になっている。大田区「御嶽神社」 「子安八幡神社」

軸ー2 ヤマアラシ

 

軸ー5 マンボウ

軸ー4 ウチワフグ
ウチワフグのアップ  
沖マンザイ(斑車魚 マンボウ)
 画中に斑車魚とあるが、漢名は翻車(まんぼう)地方によってはウキキ(浮木)、体長は1〜3メートルになる。皮膚が弱く寄生虫も多いため飼育が難しい。古くより珍しい魚のため注目された。栗本丹州にも「翻車考」というマンボウを集めた本もある。

画のマンボウは、寛政9年(1797)7月9日に佐渡の姫津海岸に漂着したマンボウで、約3メートルと記載されている。参考・国立国会図書館「描かれた動物・植物 江戸時代の博物誌」


水深100メートルの深海に生息。腹部は大きく垂れ下がっているが、空気で膨らむことはない。全長40センチほど、骨質の小さな板状鱗でおおわれている。カワハギとフグの中間的特長を持つ。

  図譜目次に戻る